HOME >  ED治療薬の効能と種類について >  個人輸入治療薬の危険性

個人輸入治療薬の危険性

輸入薬品は危険がいっぱい

バイアグラ、レビトラ、シアリスなど日本国内で処方されているED治療薬は、未だに保険適応外の自由診療です。ですから、薬剤にも保険がかからないため、1粒あたりの値段が非常に高価です。

そこで、安く手に入れようと、医療機関を通さずにインターネットなどの個人輸入、或いは代理輸入で購入する人が増えています。ネットでは、検索すると簡単に販売サイトへつながり、また、街に出れば、電柱や壁の張り紙に販売業者への連絡先が表示されたりと個人が簡単に購入できる環境下にあります。

しかし、上記の業者から購入するのは、非常に危険性が高い

というのも、これらED治療薬は海外からの輸入がほとんどで、正規の薬剤と違い、偽造品(調査によると55.4%が偽物だというデータがあります)や、衛生環境が劣悪な場所で製造されていたり、成分や品質が劣っていたり、中には不純物が混ざっていて、臓器に障害を起こすなど身体に何らかの悪影響を及ぼすという、予想外の作用を起こしてしまうということがあります。

信頼のある病院へ行き、きちんと処方されたED治療薬を服用するようにしましょう。それが、何よりのED治療への近道だと思います。

ED治療薬のジェネリック薬剤

インターネットでもED治療薬のジェネリック薬剤販売を見かけることがあります。

確かに正規のED治療薬より安価ですから、個人輸入で購入する方もいますが、ED治療薬の特許はまだ切れていません。インドなどの国際的な特許を認めていない国では、新薬のジェネリックがその国内に限り、合法的に使用できます。

ですから、この薬品は、違法なものかもしくは、偽造品をジェネリックと謳い、安心させて売っているのか、定かでは無いですが、こちらも購入しない方が良いでしょう。