HOME >  ED治療に用いられる治療方法を比較 >  飲み薬で治療する方法

飲み薬で治療する方法

販売されている飲み薬の種類

世の中には、EDを改善するために、治療薬やサプリメント、漢方薬に、輸入品など、治療薬があふれています。しかし、この中で実績のあるものについては、正規のED治療薬でしか、その証明が明らかになされていません。ここでは、それらの概要を調査し、どの方法が一番良いのかを紹介していきます。

漢方薬

漢方薬は、バイアグラなどのED治療薬以前の治療方法として用いられていました。有名なものは朝鮮人参、そのほかにも八味地黄丸、牛車腎気丸、補中益気湯などがあり、その有効性も20~80%(EDの症状により大きな幅があります)です。

しかし、有効性の幅がありすぎることや有効成分の含まれていないものとの比較試験が行われていないことを考えると、確実性や金銭面から考えてもあまりおすすめできません

サプリメント

漢方薬でも紹介した、高麗人参を加工したもの、EDに効果的なアルギニン亜鉛などを配合したものがあります。ですが、高麗人参は品質にばらつきが大きい点、また、すべての商品とは限りませんが、残留農薬が充分に除去されていない商品であったりと問題も多い。

効果的な成分を配合したものでも、サプリメントは、あくまでも補助食品。少しは改善されると思いますが、治療と呼べるまでにはその効果は期待できません

ED治療薬

正規のED治療薬は、安全な衛生管理体制と生産ラインが確立しており、大手製薬会社が製造しています。そして、医薬品として認められるということは、しっかりとした臨床試験でその効果が確認されています。ですから、安心して、確実な治療が可能です。ですが、日本の場合、ED治療薬は保険適応外、自由診療なので、薬剤一錠あたりの値段が高額なのが躊躇するところです。

また、病院に行く恥ずかしさから、もしくは、薬剤の値段の安さから、個人輸入や代理輸入などのインターネットでの購入が見られます。しかし、これは非常に危険な行為です。ネットで購入するものは、約55.4%が偽物だという調査結果があること、しっかりと衛生管理された製薬会社で作られている可能性が低いこと、また、不純物が混じっていることで、思わぬ健康被害が発生することなどのさまざまなリスクがあります。

そのようなリスクを考えるのであれば、値段は少々高くなりますが、病院に行き、正規にED治療薬を処方してもらう方が賢い選択です。