HOME >  ED治療に用いられる治療方法を比較 >  ED治療専門クリニックの存在

ED治療専門クリニックの存在

ED治療のプロフェショナルに相談しよう!

「EDかも?」と感じても、この悩みはなかなか相談しづらいもの。ですが、EDは薬で治療できる病気ですから、早々に医師に相談することをオススメします。恥ずかしいからと言って素人知識でインターネットや雑誌の薬に手を出してしまうと、さらに事態は深刻になりかねません…。インターネットには偽造品が多く出回っているだけでなく、ED治療薬は「医薬品」ですので、精力ドリンクやサプリと違い、飲み併せの注意や副作用もあります。やはり、ED治療のプロフェッショナルである医師に相談するのが一番確実で安全です。

ではED治療は病院の何科に相談すればいいのでしょうか?ED治療薬は男性器疾患を扱う泌尿器科内科でも処方してもらえます。ただ、病院によってED診療(外来)を行なっていないところもありますので、事前に確認することが必要です。オススメはED治療専門クリニックに相談すること。ED治療薬の処方はもちろん、男性患者の心情に配慮したクリニックのつくりになっていることが多いのが特徴です。

ED治療専門クリニックの中身

上で「男性患者の心情」と言いましたが、例えば病院の待合室で女性患者さんと並んで待つのはなんだか居心地が悪いですよね。さらに診察室に女性の看護師さんなどが立っていたらなおさら相談しづらい…。処方薬を院外薬局にもらいに行くときも、女性の薬剤師さんだと恥ずかしくなってしまうかもしれません。

ED治療専門クリニックでは、こうした男性の居心地の悪さや気恥ずかしさに配慮し、受付から看護師までスタッフ全員を男性にしているところや、診察時には男性医師と一対一で相談できるクリニック、院内処方で薬を受け取れるクリニックなど多くあります。待合室で女性に会わなくて済むよう、女性のクリニック立ち入り禁止を徹底しているクリニックもありますし、わざわざ裏通りの目立たないエリアに入り口を構えているクリニックもあります。「ED治療」や「勃起不全診療」などの気まずい単語も看板に書かれていない場合が多いです。

このように、男性が入りやすく相談しやすい環境が整えられている男性専門のED治療クリニックであれば、恥ずかしさも少し和らぐのではないでしょうか?

クリニックでのED治療方法とは?

クリニックでのED治療と聞いて不安に感じられることのひとつに「やっぱりズボンを下ろして患部を見せないといけないんだろうか」という疑問があるのではないでしょうか。どんな治療をされるのか不安だからなかなか足がクリニックに向かない、という方も多いと思います。
ですが大丈夫。
EDの診察では、基本的に服や下着を脱ぐ必要がありません。触診もありません。診察は問診が中心です。(ただ、泌尿器科で排尿障害や糖尿病などED以外の病気の可能性が疑われる場合には採血や尿検査、触診などが行なわれることはあります。)
問診はEDに関する質問ですから、やはり男性機能に関する質問が中心になりますが、ここで医師に見栄をはったりウソを付いても仕方ありません。事実や希望を正しく伝えて、最適な薬を処方してもらえるようにしましょう。
勇気を出してまずは一度相談に行って見ると、意外とあっという間に済み、「なんだもっと早くくればよかった!」と思うと思いますよ。