HOME >  EDの原因はどこにある? >  心が原因で起こる

心が原因で起こる

心の状態で引き起こされるED

身体には、なにも問題がないのに、日常生活のストレスから、勃起しにくくなるED(勃起不全・勃起障害)になる男性が増えています。そしてそのほとんどを占めるのが、「心因性」のEDです。

そして、心因性のEDは、心因により2つに大別でき、一つは、「現実心因」と言われるものがあります。
これは、あせり、過労・疲労、睡眠不足、心配事、家庭内不和、感情的トラブル、経済的困窮、緊張過剰、失恋、職場のストレス、初体験、早漏、過去の性交の失敗、不倫などの日常生活における心身のストレスや心理的諸要因が原因で引き起こされます。この場合の治療法は、カウンセリングや薬の服用によって、簡単に治ることがありますし、パートナー同士の問題で、特に初期のものであれば、心の傷をいたわり、優しい態度や言葉使いなどのパートナーとの連携が欠かせません。

そして、もう一つは「深層心因」によるED。
日常生活の心理的ストレスはないものの、心の深層にあるものや過去の体験、たとえば、憎しみ、妬み、不安、幼少時における心的外傷体験、母子分離不全、エディプス・コンプレックス(無意識的な近親相姦欲求)など、心の深層にある原因によって、EDが引き起こされるというものです。
この深層心因の治療方法は、原因が深層心理にあるため、特別なカウンセリングや催眠術などを利用した治療、薬の服用などを長期に渡って行う必要があり、場合によっては全快することが難しい場合もあります。

ストレスがつき物な現在の社会。心因性のEDにならない為には、日頃からストレスを溜め込まない生活を心がけましょう。また、長々と迷わずに、早めに病院に相談する決断も大切です。