HOME >  EDの原因はどこにある? >  薬からも引き起こされる

薬からも引き起こされる

性欲低下の原因は薬剤にある場合も・・・

ある特定の薬剤を服用して起こるEDを「薬剤性ED」と言います。特定の薬剤とは、よく知られているものでは、中枢神経、末梢神経、循環器系、消化管に作用する薬剤などがあげられます。男性ホルモンは、中枢・末梢神経と性機能と密接な関連があります。ですから、これらを抑制し、遮断するものは性欲低下の原因になります。

それぞれ使用されている薬剤は

  • 中枢神経に作用する薬
    睡眠薬(向精神薬)、抗うつ薬、抗精神病薬(メジャートランキライザー)、抗不安薬(精神安定剤、マイナートランキライザー)、ほかにも解熱剤、鎮痛剤など。
  • 末梢神経
    抗コリン薬、局所麻酔薬、骨格筋弛緩薬など。
  • 循環系
    不整脈治療薬、血管拡張剤、降圧剤、利尿剤、高脂血症用剤など。
  • 消化管
    消化性潰瘍治療薬、抗コリン薬、鎮痛薬、局所麻酔薬など。

薬剤性EDの原因となる薬剤の大半は降圧剤や精神疾患の薬剤ですから、これらの治療が最優先だと思うのですが、患者さんにとってはその治療の優先順位が違う方もいます。
担当医に相談して、服用している薬を副作用のないもの、或いは、少ないものに変更してもらうように交渉しましょう。(たとえば、降圧剤の場合では、EDが発症しにくいとされるACE阻害薬やアンジオ テンシン受容体拮抗剤(ARB))

また、そのほかにも治療としては、バイアグラなどの薬剤が有効とされています。

さまざまな原因が混在したEDの場合

外傷によるもの、精神的なもの、糖尿病・高血圧など生活習慣から引き起こされる原因が混在して起こっている勃起不全のことを混合型EDといいます。外傷や精神的なものは、医療機関できちんと治療しなければなりませんが、生活習慣が原因で引き起こされるEDの場合、健康で規則正しい生活を送れば、徐々に症状が緩和し飲む薬の量が軽減します。副作用から引き起こされる勃起不全へのリスクは、軽くなるのではないでしょうか。