HOME >  EDの原因はどこにある? >  LOH症候群といわれる病気

LOH症候群といわれる病気

近年話題となっているLOH症候群をED治療の観点も含めて解説していきます。

LOH症候群がカラダに及ぼす影響

LOH症候群とは、加齢とともに男性ホルモンが減少することによって引き起こされる様々な症状の総称です。中高年男性特有の病気といえます。

男性更年期障害と同一視される傾向がありますが、あくまででその1種という位置づけです。男性更年期障害になったからといって、必ずしもLOH症候群とはいえないのです。

LOH症候群の様々な症状のうち、代表的なものがEDです。男性ホルモンは勃起の際にとても重要な役割を担っているため、これが不足してしまうと勃起障害に陥ってしまいます。

EDだけではなく、男性ホルモンの低下は、男性の健康に様々な悪い影響を与えます。例えば、筋肉量の低下をはじめ、メタボリックシンドロームや骨密度の低下といった深刻な症状を引き起こすケースもあります。男性ホルモンが少ない人は寿命が短いといったデータもあるそうです。

LOH症候群とED治療との関係

ED治療を受ける際、それがLOH症候群によるものなのかどうかといった情報は、有効な治療を受ける上でも大変重要になってきます。なぜならば、LOH症候群の場合、男性ホルモンの投与といった治療が不可欠になってくるからです。

EDの原因がLOH症候群にあると診断されると、治療方法は男性ホルモン剤とバイアグラなどの治療薬を併用するかたちになります。通常の治療とは異なるアプローチになるので、覚えておく必要があるでしょう。

しかし、この男性ホルモン投与には、前立腺がんの誘引などの危険性を伴うので細心の注意が必要です。安易に自分でLOHかもしれないなどと判断せずに、必ず専門の医師に相談してみましょう。