HOME >  EDを進行させないための方法 >  簡単にできるED対策

簡単にできるED対策

腹式呼吸で精神と身体を整える

誰でも簡単にできるED対策として、呼吸方法があります。呼吸によって、全身の気や、脳、血流を促し、整えるばかりかリラックス効果などの精神面にも良い効果が得られます。ここでは、その呼吸方法の種類と方法についてと、ほかにも手軽にできる補助器具を使用したED改善方法を紹介していきます。

まずは呼吸方法ですが、その種類は大きく分けて「腹式呼吸」、「丹田呼吸」があります。

腹式呼吸は、読んで字のごとくお腹で呼吸をする方法。お腹を膨らませて息を吸い、吐くときはお腹をへこませます。最初は、手を添えて行った方が、簡単にできます。(呼吸の時間配分は息を吐く時間と吸う時間を 2:1が理想です)。立ったままでも座ったままでもできますが、共通しているのは背筋を伸ばすことです。ですが、力を入れず、あくまでもリラックスした状態を保ちます。意識としては、身体の中心を紐で上から吊されている感覚です。その状態から、ゆっくり呼吸していきましょう。

次に丹田呼吸についてですが、こちらは腹式呼吸の延長線上にあるものと考えて下さい。呼吸の基本は同じなのですが、意識を「丹田」に集中させます。丹田は、おへそとそこから真っすぐ下にある固いところ(恥骨結合)のほぼ中央あたりの場所にあり、全身の精気の集まる所だとされています。精気は、生命エネルギーのことで元気の源でもあります。ここを意識して、腹式呼吸をすることで、身体全身の気や血流、内臓の働きを整えられます。

補助器具で改善する

EDを改善する方法として、薬剤のほかに補助器具が販売されています。こちらは、薬剤と違い、処方を必要としないため、簡単に手に入れられます。その中でも、有名なのがスタンダップとコックリングが上げられます。

  • スタンダップは、根元部を高級シリコンの軟らかい材質で幅広く握っている状態で、無理や痛みがなく勃起の硬さなど調整できます
  • コックリングは、陰茎の根元を締め付け、海綿体に溜まった血流を逃がさず、長時間勃起させたままにするための用具です。