HOME >  EDを進行させないための方法 >  生活習慣を見直すことが大切

生活習慣を見直すことが大切

適度な運動や食事を見直す

適度な運動は、血液の流れを改善し、血管や心臓・肺など循環器系を強化、整える作用があります。また、メタボリックシンドロームの改善、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を予防、ストレスを解消するので、EDの予防・改善には効果的です。

中でもジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。無理せず、徐々に、自分の身体に合った運動を行って下さい。 たとえば、通勤中に一駅分歩く、階段を使うなどのちょっとした運動でも、予防になります。

食事に関しては、栄養バランスを考えた食事を摂取する事が大切です。たとえば、肉を食べ過ぎると高脂血症や、肥満の原因になりますし、そこから勃起障害につながる場合もあります。また、年齢とともに基礎代謝が落ちますから、特に中高年以上の方は、若い頃と同じ分量の食事をしていると、すぐに肥満になってしまいます。和食を中心に栄養価を高く、且つカロリーの低い食事を心がけて下さい

ほかにも、タバコやお酒などの嗜好品は、過剰に摂取ることが原因になりかねません。タバコは、本数を減らすか完全にやめるか、お酒も適量にしましょう。

精力に効く食材とは?

民間でED改善食品として、巷で話題なのがキウイフルーツです。キウイには血流を改善し、ストレスを軽減する効果があります。勃起不全の原因には、心因性(ストレスなど)や、器質性(血流など)の要因からなるものがありますので、どちらにも有効だと思います。1日1キウイ、これなら手軽に続けらるでしょう。

他にも、勃起に欠かせない亜鉛を含んだ牡蠣も有名です。ホルモンや消化酵素など体内で必要なたんぱく質を作り出すために不可欠なミネラルである亜鉛が不足すると、精子を作ることが困難になります。また、味覚障害や脱毛、暴力行為や不安障害、うつ病などにかかるリスクも上がります。

昔から精力アップに効くといわれているうなぎには、生殖機能を高めるビタミンEや精子の元となる亜鉛、血流をよくするEPAなど、いかにも効きそうな成分が詰まっています。

EDを繰り返さないために

EDになったら、バイアグラなどの治療薬で治そうと考える方がいらっしゃいます。確かに心因性、器質性などの場合には、治療薬の服用は有効です。しかし、これは本当に根本的な治療ができたと言えるのでしょうか?

心因性であるならば、ストレスなどその原因を見つけ出し、緩和する方法を考えなくては本当の改善とはいえません。同じように、器質性であれば、食事・運動・嗜好品などの日常生活を見直す必要があります。

何度も繰り返さないためにも、自分でできる範囲の予防対策を行いましょう。