HOME >  EDを進行させないための方法 >  EDに効果的な成分

EDに効果的な成分

3つの有効成分で体質改善を

勃起不全(ED)を回復を促すために最低限必要な3つの栄養素があります。それはセレンアルギニン亜鉛です。これらの栄養素を効率良く摂取したいものです。ここでは、それらの栄養素について説明し、また、どんな食品に含まれているのかを紹介していきます。

生殖能力をも左右するセレン

男性の精子の運動量を正常化する働きや老化防止に効果があるのがセレンです。含まれている食品は、わかさぎ、まぐろ、いわし、かつおなどの魚介類、小麦、玄米などの穀物、牛・豚肉などのタンパク質に含まれています。

日本では不足することのない栄養素と言われるほどだったのですが、近年の欧米化の食事や、ファーストフードなどの普及から、摂取不足の人が増えています。一説では、若い夫婦に不妊が増えたのも、セレン不足が影響していると考えられています。

精子の主成分アルギニン

アルギニンの特徴は、体内勃起因子の一酸化窒素を増やしますので、血管を若返らせる働き、血管の筋肉を拡張させ、血流を増加させます。それにより、老化、高脂血症、肥満、喫煙、ストレスなどで、血流が悪くなった症状を改善し、EDの予防・改善します。大豆食品(味噌、納豆、高野豆腐など)、鶏肉、エビ類などに含まれています。

勃起障害を防いでくれる亜鉛

別名"性のミネラル"とも呼ばれる亜鉛は、摂取量によって精子数を左右する程の影響があります。また、量が少ないと、味覚障害や情緒不安定、肌荒れ、動脈硬化を起こしやすくなりますので、意識して摂取するようにしましょう。食品では、生牡蠣、豚肉(レバー)、牛肉、かに、たらこ、山芋などに含まれています。

近年では、セレンと同様、インスタント食品などの普及から、亜鉛不足の人が増えています。そこに含まれている食品添加物(ポリリン酸、フィチン酸)が吸収を阻害したり、体内から排出したりしてしまうことがあります。食事は、なるべく健康志向のものを選択しましょう。