どの治療法がもっとも効果的なのか?

勃起不全でお悩みの方に、その克服方法や原因、治療の相談に乗ってくれるクリニックを紹介するサイトです。
治療を検討されている方や、そもそもどんな方法があるのか知りたい方など、ぜひ当サイトを参考にしてください。

現在主流なEDの治療方法

勃起不全で悩む方へEDの治療法は大きく6つあります。

  • ED治療薬
  • 心理療法
  • ホルモン療法
  • 海綿体注射療法
  • 陰圧式勃起補助具
  • 手術による治療

これらを順に紹介していきます。

さまざまなED治療の方法
ED治療薬

あの有名なバイアグラに始まり、レビトラ・シアリスが国内の病院で処方されています。勃起不全の症状は、治療薬の服用により80%の方が改善されていると言われています。日本の場合、治療薬は保険適応外のため値段が高額なのが躊躇するところですが、インターネット等で安価な商品を購入するのは健康被害等のリスクが伴う非常に危険な行為でもあります。

心理療法

薬を用いる以外にも治療法はあります。心理療法は、原因が心因性の場合に用いられ、心理学的なアプローチから、カウンセリングや行動療法などによって改善させる方法です。日常生活のストレスから立ちにくくなっていたり、心の深層にあるものや過去の体験が元になって起こる場合もあります。

ホルモン療法

注射や市販の精力剤などで減少した男性ホルモンを体内に取り入れ症状を改善させるホルモン療法は、特に50~60代の年齢を重ねた男性に使われます。身体への影響も大きい治療法の為、病院で検査を受け医師の指示の元で行なわれます。

海綿体注射療法

直接薬を注射し起たせる方法もあります。海綿体注射療法は、強制的に勃起を促す血管拡張剤(プロスタグランディンE1)を注入する方法です。この治療法はバイアグラの出現により減少していますが、通常であれば5分程で効果が現れ、その後2時間程持続します。

陰圧式勃起補助具

治療薬を使用できない方、もしくが効果がなかった方には陰圧式勃起補助具を使用する方法もあります。メリットとしては、簡単であること、薬と違い副作用の心配がないこと、何度でも使用できること、などがあげられます。しかし陰茎に圧をかけますから、締め付け過ぎによる射精障害や壊死の危険性ももちろん伴います。

外科的手術

常備薬等を服用している為、治療薬等を使えない場合には血管外科や陰茎プロステーシス手術といった外科的手術という手段もあります。血管外科手術ですと、陰茎海綿体への血液流入が不十分な場合や静脈系の陰茎から流出する血液を防ぐ機構が不十分な場合、抹消動脈閉塞の場合など症状に合わせて行われますし、陰茎プロステーシス手術ですと、シリコン製の「支柱」を陰茎の中に埋め込んで勃起させるというもので、その種類もインフレータブル型(埋め込んだプロステーシスを膨張させる方法)やノン・インフレータブル型プロステーシス(延び縮みせず大きも変化しない方法)があります。

上記のように、EDには多くの改善方法があります。しかし、症状によりけりではありますが、この中でも最も効率良く、そして簡単に改善できるのが、治療薬を使用した方法です。

ここでは、専門性についてはもちろん、実績や信頼性、プライバシーが守られている環境なのか、などを基準に私が選んだおすすめのED専門クリニックを紹介していますのでぜひ病院選びの参考にしてください。

勃起不全で悩む日本人口は、全国でおよそ40代の5人に1人、50代の2.5人に1人。最近では、若者にもその症状が現れているようです。かく言う私もそうなのですが・・・。

男性の自信を取り戻す為にほかにもこのサイトでは、EDの悩みに関すること、たとえば勃たない原因はどこにあるのか、予防・改善に役立つことなども紹介しています。

いくら生命の危機にならない症状とはいえ、屹立しないことは男として自信を失った状態。下半身に関することであり、なるべくなら診察は避けたいところだが、恥ずかしがらず適切な治療を受け、早期に自信を取り戻しましょう。

このサイトが、みなさんが自信を取り戻すこと、悩みが改善されることを願って。是非参考にして頂ければと思います。